Seven Pounds 7つの贈り物(2008)

Director: Gabriele Muccino
Writer: Grant Nieporte
Cast: Will Smith, Rosario Dawson, Woody Harrelson, Michael Ealy, Barry Pepper…

主人公Ben(ウィル・スミス)は不注意から事故を起こし、最愛の彼女だけでなく他の命まで奪ってしまった。トラウマがそうさせたのか、”redemption”(罪滅ぼし)なのか、彼はある決意を達成するために行動する。

その決意と行動をこの映画を見るために知ってしまうと面白みがなくなるんだけど、ここでちょこっと垣間見れてしまったらごめんなさい。

臓器移植には、私は反対しない。できる術があるのなら、それで延命が可能であるのなら、一つの手段ではあると思う。だからといって、臓器を提供するために死ぬってのはねぇ。「John Q ジョンQ 最後の決断(2002)John Q ジョンQ 最後の決断(2002)」でもそんなsituationあったけど、どうも受け入れられない。どういう理由であっても。人は命があれば生きるべきで、命があるからこそできること何かを見つけないといけない。特に自殺は一人で死ぬんだろうけど、必ず人を巻き込むから・・・一人では死ねないのですよ。後を誰に任すの?そこにほうっておいて灰になれるわけじゃないんだから。

plotは良いとは思うのだけど・・・。最後、なんだか訳の分からない、入り乱れた感情で涙がでてきた。へんな恐怖感も・・・ほんと複雑な気持ち。ちょっとしたことで人は人の命を奪ってしまう。かたや、もう命はないかと思っていたけど、命を落とすことなく生き続けることができる人もいる。人の命を奪って償いの気持ちを持つ人もいれば、簡単に人を殺して、それを繰り返すことができる人もいる。

7つのうちの一つ、「家」はちょっとムリがあるかな。あと、ラブシーン。心臓に疾患あるんだから、プラトニックに描かれているほうがより感情移入出来る気が。

2度観たいとは思わないけど、1度観ることができてよかったと思う映画です。

監督は「The Pursuit of Happyness 幸せのちからThe Pursuit of Happyness 幸せのちから」も手掛けたGabriele Muccino。Emily役のRosario Dawsonは「Men in Black 2 メン・イン・ブラック2Men in Black 2 メン・イン・ブラック2」のLaura役でもウィル・スミスと共演。ウィル、この映画でも良い味だしてますが、どちらかというと彼には人間の明るい面の良さを演じて欲しいな~。主人公の弟役を「BarbershopシリーズBarbershopシリーズ」や「Their Eyes Were Watching GodTheir Eyes Were Watching God」等に出演してるマイケル・イーリーが演じてるんですが、ウィルの直々のご指名だったとか?