LIFE 邦題:エディ&マーティンの 逃走人生(1999)

LIFE 邦題:エディ&マーティンの 逃走人生(1999)LIFE 邦題:エディ&マーティンの 逃走人生(1999)

Directed by Ted Demme
starring:Eddie Murphy, Martin Laurence, Bernie Mac, Anthony Anderson, Barry Shabaka Henley, Michael Taliferro, Heavy D, Sanaa Lathan…

単なるコメディじゃないのよね。これ。なんか終わった後に、ほろ苦~い気持ちになってまうのよね。

ひょんなことから濡れ衣で罪もないのに、「LIFE(終身刑)」を科せられたRay Gibson (エディ・マーフィー)とClaude Banks (マーティン・ローレンス) の牢獄での生活。 そして一緒に生活をする、仲間達。結末は微笑ましい。

俳優エディ・マーフィーって人はほんとすごいね! あの”ナッティ・プロフェッサー”のシリーズで色んな役を一人で演じきっちゃうのがそれを証明してるんやけども、これは色んな役でなく、同じ人が老けていく姿を演じなければならない。確か60年間分を演じてるんやったっけ? それが、ほんま上手いのよね。もちろんマーティン・ローレンスも同じ様に演じてるねんけど、やっぱりちょいとエディ・マーフィーのほうが上手(うわて)かな? 特に最後のほうの、老人になってからの姿。化粧などの特殊効果もすごいんやろけども、せりふをいうときの口の動きとかがすごいのよね! それでもエディ・マーフィーがつっぱしって演技してるだけじゃなく、マーティン・ローレンスとの絡みが自然で、またよいのよ。

さて、この映画をみて思ったことは・・・。誰もがこれを見て、「自分が無実なのに"LIFE"をいいわたされたらどうなんやろ?」って考えるんちゃうかな? もちろんあたしもしかり。映画の中の彼らは疑問を抱きながらも、結構すんなり生活してしまってるようにみえる。それは1930年~1950年とかって年代がそんな人格を描かしてるんかしら? 彼等2人は老いていくにつれて、自我を目覚めさせていってるようなきもするのよね。途中、28 years laterって場面が移るまでにWyclef Jeanの"New Day"をバックに時の移り変わりを表現する映像があるのね。それは実際に起こったできごとの総集編でもあるのよ。マーチン・ルーサー・キング牧師マーチン・ルーサー・キング牧師モハメド・アリモハメド・アリなどなどが映し出される。そう、その間、黒人歴史上だけじゃなく、世界史としても色んな出来事が起こった。そして、その28 years laterにマーティン・ローレンス演じるClaudeが街へでたときに、何かを感じてるの。その場面がすごく印象的だった。

しかしさぁ、無実なのに"25 to Life" 言い渡されるって、笑い事じゃなかったりするよね~。ん~死刑やったら死んじゃうのいやだから、裁判したりするんやろけど、なかなかjailの生活も保障されてていいや~なんて思ったら、彼等みたいに生きるかもしれないなぁ。だって、もしだよ、jailから出されても生活しようがなかったら、jailにいることを選んじゃうかもしんないもん。映画のなかのBiscuitが言うようにさ。そうなるってのは悲しいことなんだけどね。

そして、Life: Music Inspired By The Motion PictureLife: Music Inspired By The Motion Picture。ええで~、これは。ほとんどがR.Kellyの作品でWyclefのproduceってところですかね。1, 11, 14, 15は映画とのはまり具合がいい。あとの曲も歌モノ好きの方にはえ~内容なんちゃうかしら? Kelly Priceはやっぱ聴かせるねぇ~~~♪

(2000年DVDにて鑑賞)