Tupac: Resurrection (2003) 邦題:トゥパック レザレクション

Tupac: Resurrection (2003) 邦題:トゥパック レザレクションTupac: Resurrection (2003) 邦題:トゥパック レザレクション

director: Lauren Lazin
starring: Tupac Shakur, Bill Bellamy, Jada Pinkett Smith, Arsenio Hall, The Notorious B.I.G…

この映画は2003年のもので、Tupacの伝記というよりも、Tupacが自分自身のstory tellerとなって語っている間、懐かしい映像がかいま見れる、ドキュメントに近いものになるかな。かえってそれが、へんにdramaticに仕上げられたものよりも、Tupacを身近に感じさせてくれる。しかも彼が何をやってきたかというよりも、内面的なものや、彼自身の考え方に触れることができるので、「ああ、彼はこんな面もあったんだ」と、また、興味をそそられてしまう。彼自身がdramaticに語ってるかもしれへんけど、大げさすぎない。自らarrogant(傲慢)だったことを認めてたり、「ちょっとやりすぎてしまった」とか、「自分自身がとめられなかった」とか、何かの力に任せて振る舞ってしまったことを後悔・反省してたりする。

彼が生まれてきた境遇、母Afeniの存在、彼の才能、女性に惹かれやすい・・・みんなもご存じのところやろう。この映画でも、それは描かれているが、彼のpovertyに対しての思いって、かなり強いもやってんね。povertyって単語、何回でてきたやろう。それが彼独自の”THUG LIFE”の思想になってるんよね。

The Hate You Gave Little Infants Fucks Everybody=THUG LIFE
Thuglife is a new kind of Black Power… 2Pacのいうthugは辞書に載ってる”ちんぴら”などの意味とは違うねんよな。Thug is not criminal, it is “the underdog”. こんな感じでTupac自身が言ってた。負け犬というか「犠牲者」かな。だからThug Lifeはどん底の状態でもstruggleする生き様みたいなもんか。Tupacは”Code of Thug Life”っていう、ギャングの抗争やドラッグ売買、銃撃について規制をもたらすために作られたもので、LA gang、BloodsとCripsの”Truc Picnic”(平和協定みたいなもん。1992年の出来事)でも互いの重要人物もサインをしたり、地元のghettoなどでも配られたらしい。(でもこの思想がDeath Rowへ移った後もまだ彼の中にあったのかは、ちょっと疑問やけど。)

10代の頃の彼のrap performanceも見れるんやけど、かなりコンシャスなこと歌ってるねん。ああ、やっぱりこの人は表現したいことが沢山あるんだなと思わされる。DU (Digital UndergroundDigital Underground)時代の可愛いdance performanceや映画”Juice”のBishopのimageから抜け出せない世間とのギャップとか、はい上がるために、自分の才能を上手く柔軟に使ってきた。

後半は、Tupac自身の人生が裁判沙汰ばかりやからねぇ。どちらかが嘘をついてると思うしかない、証言の食い違いもあるし、その判断は見る人によると思う。才能ある人間の大半がそうであるように、彼も、人が信じられないという状況に陥ってしまう。その中で、jailから救い出してくれたSugeが唯一、信じてみようと思わせてくれる人間になったのね。それからの彼は華々しかったけど、あたし自身はその前の”Me Against the WorldMe Against the World“以前のTupacがスキなのよね。

この映画は、けして彼の死がどうとか、彼の行いがどうとか、BiggieやPuffyとの確執の真相やbeefを集めたり、彼の裁判がどうなったとかを探ったり、追ったりしていない。彼の言葉で、彼自身を表現してる、カッコつけてる部分、弱い部分、反省してる部分・・・そんなところまで見れる映画。きっと彼の言うように、みんなの心の中でTupac Shakurは生き続ける。R.I.P.