MEN OF HONOR (2000)邦題:ザ・ダイバー

MEN OF HONOR (2000)邦題:ザ・ダイバー

MEN OF HONOR (2000)邦題:ザ・ダイバー

director: George Tillman Jr.
starring: Robert DeNiro, Cuba Gooding Jr., Charlize Theron, Aunjanue Ellis, Hal Holbrook, Michael Rapaport

1968年、片足切断2年後にBlack初のMaster DiverになったCarl Brashearのお話。彼はその後9年間、現役を続けたーーと最後に書いてあった。主にCarlの成長過程を彼の恩師、Billy Sundayとのやりとりと共に描いてあります。

そのCuba演じるCarlが黒人だということを省いて考えても、このCarl Brashearって人は人間として強い信念の持ち主やったんやろな。まぁ、黒人でなかったら起こり得ない仕打ちを受けたのもあるけど、考えてみてよ、足が切断されたんだよ! それでも夢を追い求め、トレーニングするんだよ! そんな彼にとって、自分が黒人だ~どうのこうのってのは、もはやちっぽけな問題に見える。ほんなら、今自分にとってもし、問題が降り掛かってきたら。。。環境や時間のせいにしちゃうってこと、あるやん? 「自分は一生懸命頑張ってるのにさ~」なんて、愚痴いったりするやん? そういうのがなんかアホらしく思えてくる。この映画は「やってみな、わからんわいっ!」と強気にさせてくれる映画でございます。 今、精神的に弱くなってる人に見てほしいな。夢をアツく追っかけてる人に。反対に、そうでない人にはこのCarlの偉業は「特別な人」化しすぎて、おもろないんかもね。

きっとこの映画がbased on true storyでなかったら、しつこいぐらいアツく、現実味のない話に終わってるんだろね。「あ~、映画の世界だもんな~」ってさ。 しかも、あのCubaが演じてるとなると、アツすぎてかえってコメディのように思えるかもね!(笑)しかし、CubaもDeNiroもすごくアツく演じてますよ。あ、DeNiroがBillyの役してるねん。ま、このおっさん(Billy)も実在してたわけで、これまた頑固でDiver一筋に生きてる。prideの固まりで、頑固で。このおっさんの一生も気になるところやね。きっと、Billyは白人至上主義者でないよ。彼は"誇り高きMaster Diver"なのよ。黒幕の存在があったからCarlに執拗にいじめみたいなコトしてたんやろし。だって、ほら、そむいたら"Master Diver"じゃなくなるやん?

それと、based on ture storyモンてのは、人の一生を2時間くらいにまとめてあるんやから、省かれることはおおいわな。省かれてるのが駄作ではないと思うのね。詳しく描くほど、長い映画になるってのはおもしろないし。だから、見る側の感じ方もかなり違ってくるかもしれない。要は見る側にもある程度、その舞台になるbackgroundわからんと、おもろないってことよね。この映画では「世間の、当時の黒人への差別感」ってのはあんまり描かれていないかもしれないけど、それをながたらしく描くのはこの映画に相応しくないとあたしは思う。だって、きっと、Carlという人間の強さがわかればそれでいいんじゃん? ま、「差別」についてわからん人にとっては足りないんかもしれへんけど、このsite見てる方々にとったら十分なんちゃうかしら?ダカラ"Men of Honer"なのよ。"A Man of Honer"じゃないのよ。「差別 」っていうのに焦点をあてないで「人間っていうのは。。。」って見てほしい。

Charlize Theronって、なんて色っぽい役もいいよね。そんで、Michael Rapaport、唯一Carlを「黒人扱い」しなかった人。(あ、そういえばCharlize Theronの役もそうやな。)どっかでみたなぁ~おもたら、ほれ、あの「Higher LearningHigher  Learning」のphyco役の! この人、こんな役が多いんかしら?