Stanley Tookie Williams executed

LAのギャング「Crips」の創設メンバーで1979年に強盗事件で4人を殺害した罪で死刑を宣告されていた、Stanley Williamsの死刑執行が2005年12月13日に行われた。

彼は無罪を主張しつづけ、獄中では青少年更正・非行防止に関する著書を出すなどの活動をし、その功績は「ノーベル平和賞」や「ノーベル文学賞」に推薦されるほどだった。

Jamie Foxx主演の映画、Redemption: The Stan Tookie Williams Story (2004 邦題:クリップス)The Stan Tookie Williams Storyでその生涯が描かれている。

2005年12月14日初回投稿