AGAINST THE WALL (1994 TV) 邦題:ウォール オブ アッティカ

AGAINST THE WALL (1994 TV) 邦題:ウォール オブ アッティカAGAINST THE WALL (1994 TV) 邦題:ウォール オブ アッティカ

director: John Frankenheimer
starring: Kyle Maclachlan, Samuel L. Jackson, Clarence Williams, Frederic Forrest, Philip Bosco, Tom Bower

冒頭に60年代~70年代の出来事が写される。Malcolm X, Martin Luther King, Nixon, Kennedy, Vietnam War, Beatnik・・・きっとこの映像をみてみんな感じることは個々に色々あるように、人間個人の背景(background)も様々なわけだ。それは人種という区別だけじゃなくって、社会的地位、職場、友人関係、家庭環境、すべてにおいて、みんな違いがある。でもその違いを分かり合いながら、共同生活を営まなきゃいけないばしょってのは結構多い。

この映画の舞台となるjailもその一つやろう。とくにjailというのは犯罪者が集まっているところ。それをただすためにあるものであるから、規律はキビシイのはあたりまえだが、そういうところだからこそ、「差別」ってのはあってはいけないとあたしは思うねん。必要以上に囚人を懲らしめる必要もないし(その境目が難しいのは確かなことやけど)、人間として生活は保障されるべきではあるとは思う。それによって、その環境が「悪事を働いた人間」に変化を与えるのはできるかもしれへんねんから。。。

しかしまぁ、この映画も「187」みたいに救いのない映画である。Samuelちゃんはこういう風な映画にでるんが好きなんかしら? Kyleは典型的な"Freedom!"を叫ぶVietnam War前後の若者。ところどころでそれをしめすclueが描かれてるよね?  この若者の行動が「自由をはき違えたらあかん!」っていってるよう。そう、集団で行動せなあかんときこそ、「自由」とはなんなんかってのを考えやなあかんと思う。個人を押さえた「団結」こそ「自由」を勝ち取る早道やってこともあるんやから。

さて、社会に目を向けると、いくら自由なアメリカでも思考のコントロールって結構されるものだ。例えば大統領の振るまい方。演説での指の差し方まで、どういうほうが一般にいい印象を与えることができるか~どのネクタイがこの場にふさわしくて、それが一般 人にどういう影響を与えるか~なんて側近が決めてたりするらしいね。日本より政治家の汚いお金が暗黙の了解でまわってたりするし。ここで描かれる州知事はどうか?

この映画もアッティカ刑務所で起こった事件をもとにしてる"based on ture storyモン"らしいんやけど、なんだか、かなしくなるねぇ。でも中庭でいろんな人種の囚人が団結してるのを見ると、「そうだ!そうだ!」と拳をあげたくなるあたし。