Bone Thugs-N-Harmony / Creepin on Ah Come Up (1994)

Bone Thugs-N-Harmonyの2nd。あぁ、94年!

翌年出したalbumに入ってる”Tha Crossroads”で爆発した彼らですが、このアルバムは初期ウエッサイ好きにはたまらんです(なはず)。怪しさと切なさと・・・thugなharmonyでございます。彼らのflowは音として聴くrapには大変美しく、心地良い。

Shatasha Williamesの美しいコーラスが響く”Thuggish Ruggish Bone”、featuring Eazy-E (R.I.P.) の”Foe tha Love of $”、もう最高! “Down Foe My Thang”のイントロの「ぴ~~ろぴろ~~~~」には、もう卒倒しそうですね、今聴いても。血が騒ぎます(どんな血や?)。

そいや、当時の相棒がこのalbumの裏表紙のイラストが気に入って、こんな感じのtattooを速攻入れに行ってはりました。IdahoはMoscowのダウンタウンで・・・まぁ、田舎町だったけど、良い腕した彫り師さんだったわ。