Blood in, Blood out -BOUND BY HONOR- (1993)

Blood in, Blood out -BOUND BY HONOR- (1993)Blood in, Blood out -BOUND BY HONOR- (1993)

director: Taylor Hackford
starrinng: Damian Chapa, Jesse Borrego, Benjamin Bratt, Enrique Casteillo, Victor Rivers, Delroy Lindo, Tom Towlesm, Billy Bob Thornton, Ving Rhames

超大作でんな。なんせ、時間にしても3時間。そしてなぜかこの映画、東京国際映画祭グランプリを受賞してるねん。 この映画はもうかれこれ数回は見てるけど、いつも切ない気持ちになる。endingが素晴らしい!

1970年代から1980年代にかけてのeast L.A.が舞台。義兄弟のPacoとCruz、そのいとこのMikloがChicanoとして、どんな風にそれぞれ生きていくかというのを描いてる。gangの抗争が主に描かれてるけども、それだけじゃないのよね。3人は様々に成長していく。その生き様、心の葛藤、Chicanoとして生きるとは、mixであるがゆえのしがらみ(Mikloは青い目、白い肌のChicano)・・その描写が切ない。

storyはあんまり書かんほうがええわな。じっくり見て欲しい。 gangの問題、人種の問題、jailの問題、drugの問題、家族(兄弟)愛の問題。。。色々考えさせられる。 特にMikloはmixでありながらも、育った環境がChicano文化だったからもあるし、mixであるがゆえ、「俺はChicanoだ!」という気持ちがみんなより強いんよね。それはきっと、「自己」をそこに見いだしたいからなんやろう。これは映画やから、そういった境遇のヒトみんながMikloのように「自己」を表現するかはわからへん。それもヒトによって様々やろう。ただ、一般にChicanoの人々の結束はすごく堅いし、実際「血の結束」を話し、それで団結するのをよく見聞きする。反対に、そうじゃないとその文化の中ではやっていけない~そういうしがらみもあったりするやろから、Mikloが思い悩み意地を張る姿はよくあるんかもしれんなぁ。

そうそう余談ですが、gang group “La Onda”は実在してたわけじゃないけども、”Nuestra Familia“っていうprison gangを元にしているといわれてます。それとjailの中の撮影は主な役以外はぜ~んぶ本物の囚人らしいよ。 あとさ、これをみて「あ~、gangってかっこいい!」なんてマネせんといてね。 かえって彼らに失礼やわ。「かっこ」だけじゃないねん。たやすく「生き抜ける」世界ちゃうってのが、これ見てもわかるでしょ?  しかしJesse BorregoとBenjamin Brattはかっこいいなぁ♪ Delroy Lindoってほんま怪しいよなぁ。笑ろたらかわいいねんけどな。

とりあえず、見て下さい! そしてこの映画のラストをすがすがしく迎えてください!