PANTHER (1995) パンサー

director: Mario Van Peebles
starring: Kadeem Hardison, Bokeem Wood, Joe Don Baker, Courtny B. Vance, Chris Rock, Angela Bassett, Bobby Brown

King牧師やMalcolm Xの実際の演説やデモから始まる、Black Panther Party for the self defenceとそのbossであるHuey NewtonHuey Newtonの物語。舞台は1967年、公民権運動の盛んだった時代のOakland。

ヒューイ・ニュートンとボビー・シールによって結成された黒人民族主義と黒人解放を掲げた政治組織、ブラックパンサー党(Black Panther Party for Self-Defense)の活動を描いた作品。

とにかく60年代~70年代にかけてはBlackにとっては激動の時代だったのは歴史をみればわかるわけだけど、この映画では実際のPoliceのBlackへの虐待とかも見れて、興味深い。映画でも描かれてるPoliceの暴行は少しoverなものかもしれないけども、この映画の冒頭にもあったように(実際の映像)、無抵抗なBlackのデモの群衆に消火用の水をかけまくるってくらいbrutalだったのは事実。そんな状態でKing牧師が提唱した「非暴力」ではもはや立ち向かっていけなかったのは当然かもしれない。でもHueyは「武装」だけじゃなく「知識」ももったヒトだったから、白人の様々な迫害に立ち向かい、黒人達の尊敬や信仰を勝ち取っていけたんだろう。

“ignorance”と”immoral”は、Blackの敵であるだけじゃなくヒトの敵であるとあたしは思うねん。いくらかっこよく銃を構えても、法の前には何も動かすことがでけへんもんね。教養もヒトを強くする。この映画でもデモの中でみんなが”We Shall Not Be Moved”を歌ってる。今のBlack達はこの時代のBlackにあった何かを失いかけてるヒトが多いような気がするのはあたしだけかしら???

そんで、Panther original soundtrackPanther original soundtrackもええでぇ。female artistでやってる Freedom (The Black Bag Mix)はDallas’ Dirty Half Dozen Mixの方も、powerfulで素敵。female artistsがここまで勢ぞろいってのはなかなかないんちゃいますか?

Power to the People!