Their Eyes Were Watching God (2005) (TV)

Their Eyes Were Watching GodTheir Eyes Were Watching God (2005)

Directed by Darnell Martin
Cast: Halle Berry, Michael Ealy, Ruben Santiago-Hudson, Terrence Howard, Ruby Dee..

1937年に出版されたZora Neale Hurstoのの小説を映画化したもの。 1920年代の黒人女性Janieが小さな街で自由奔放に愛に走り、学び、感じ、成長し、自分を見つけていく様を書いている。一見「loveモノ」に見えるが、「恋愛」に焦点があたっているというよりも「女性」「人間」に焦点が当たってると考え、dramaのカテゴリにいれました。

原作のJanieはHalleのようにlight-skinnedだったらしく、社会から別な扱いを受ているということ(”差別的”であるかどうかはわからないからあえてこう書いておく)が描かれていて、IMDbで原作を読んだ方のコメントみると、どうも映画はその表現が足りてないらしい。でもちょっとしたエッセンスはあたしは感じることができたんやけど・・・映画の構成的にはこれでいいような。映画ってあんまり焦点が多いとまたこれはこれで、見づらくなるやろからね。なんせ限られた時間やし。

ま、あたしには「映画的」だとかどうとか言う資格はないよな・・・笑 じゃ、話題をtitleに向けてみよか。 “Their Eyes were watching God”…このphraseが宗教的になにか意味のある表現やったら、あたしはそれを知らないので、思うままに書くことにしますが・・・確か何回か”I’m watching God”とか、せりふで出てきてるねんよな。「自分の信じるところを見ている」ということか。「自分の信じる道を行く」。この”Their”は女性限定なんかな。。。色々想像膨らみますが、また次回見たときに浮かんできたりするんでしょうな。

Halleはこの役にぴったりやね。10代のJanieはちょいとムリがあるけど、無邪気だけど芯が強く、成長していく様がぴったり。BarbershopシリーズのMichael EalyもTea Cakeにふさわしいね。これまたええ味だしてますわ。最後も白熱の演技です。Terrence Howardさんは、こういうちょい役、スキなんかしら? 原作は当時物議をよんだとか、今でも研究されたりしてるものなので、是非読んでみたいところですね。合わせてMaya Angeloのpoemなんかもいかが。

女性は美しく、強い。