映画「Mississippi Burning」の背景には(1960年代)

この映画見ました? Mississippiの白人を含む3人の黒人運動家が行方不明になって、 ジーンハックマンとウィレムデフォーが演じるFBIによって原因追及された結果 、 その州のお偉いさんたちが捕まるって筋。

そのなかで南部とはどういうものだったのかとか描かれてるんだけど。ちょうど64年っていえば “Long Hot Summer”とよばれて、北部から公民権運動がさかんに行われてきてた頃で、人々も 人権問題に敏感だったのね。(Spike Leeの「Do the Right ThingDo the Right Thing」で暑い夏が描かれてたでしょ?) COREとかSNCCっていう黒人の公民権、平等を求める団体の活動も盛んで、 この映画で描かれてる青年達もその中の1グループだったの。

映画ではFBIのお手柄として終わってるけど、ホントはそんな美談じゃなかったらしい。実は、FBIは青年グループの車が発見されてからようやく動きだしたのよ。 その頃のFBIのフーヴァー長官は、保守的なジョンソン政権に習えの人だったよう。そして、そのFBIの重い腰をあげさせたのは、当時の司法長官だったあのRobert Kennedy・・・後のKennedy大統領なわけです。青年達の車が発見されてからやっと4ヶ月後に警察や牧師、保安官を含む21人の容疑者が捕まったんやけど、 結局州当局は彼ら容疑者を起訴しなかったのよね。南部の根強い人種差別文化と、アメリカのいいところで悪いところにもなる州制度が反映した事件だったんだろうね。

2004年頃 初回掲載