BGMはCompany FlowのFuncrusher Plus。Classic~~!

and i go like…

子供のいない夫婦でも、「家族、家庭」と言ってもおかしくないよね~?
「夫婦」っていうしかないんかなぁ? 私達のような子供のいない夫婦にとっては、ちょっとした疑問やったりせえへん? 

私の周りには少なからず、子供のいない夫婦が居る。理由はそれぞれやけど、大抵は自らそれを望んでいるわけではないのよ。単なるタイミングの問題でもないし、カラダの問題だけでもない。ある人は何度とチャレンジし、ある人は病院から原因を告げられ、あきらめた人もいる。医者から「もういい加減にしたら?」みたいな嫌みすら言われたといった人も。ある人は、もう10年もそうやってきたから今後もこのままだろうということで、子供の代わりというわけではないけど、ペットを家族の一員としている人もいる。

だからといって、子供がいなくても卑屈になることもなく、二人の生活をエンジョイしてる仲のいい夫婦って結構多いんよね。・・・なんて言うと、子供がいる家庭には「気楽でいいよね~」って言われるんやろうなぁ。

気楽なわけないよね〜。子供嫌いならまだしも。

気を遣って欲しいとは言えないけど、なんていうんだろう、子供がいない家庭もあることを忘れないで欲しくて、それなりの苦労もあるんだと理解して欲しいよね。

子供産んじゃうと、忘れるんだろうか? それが当たり前の生活になるから? 少なくとも、私は忘れないでいよう。

私自身、子供が好きでね〜。結婚できないとしても、子供だけは欲しいねん〜なんて10代の頃から思ってた。めちゃめちゃ子供に好かれるし(レベル一緒やから?)。でも実際結婚して5〜6年も子供いない+年齢36歳となると、もういいかな?このままいっちゃうんだろうな〜って思っちゃうこともある。

ただ願うのは、社会や人が子供のいない夫婦にも優しくあって欲しいということ。私よりもっと子供を切望してる人達のために、そう思う。

時代はまさにMicrotrends。主流にいる人ほど、多様化に気づかないんやろね。私は、子供や旦那の話しかできない主婦にはなりたくない。そんな自分になると、子供の世界観も小さくなりそう。

まぁ、未来の自分へ・・・ということで。私に子供ができても、この感覚を忘れないように。

2009年7月13日