DO THE RIGHT THING (1989)

DO THE RIGHT THING (1989)DO THE RIGHT THING (1989)

director: Spike Lee
starring: Spike Lee、Danny Aiello、John Turturro、Giancarlo Esposito、Joie Lee、Ossie Davis、Ruby Dee、Samuel L. Jackson、Martin Lawrence

Black Movieが注目されたのはこの映画が公開されてからだ~っていっても過言じゃないってくらい、いろんな影響を与えた映画。Spikeも自ら主演してるし。

NY, Harlemの黒人とイタリア系人との間を描いた作品。中にはアジア系人もでてくるんだけど。それは人種問題を描いたものだが、何度見ても、いろんな角度から考えられる。 ”Fight the Power”といえども、全てが「黒人万歳!」として映し出されてるわけじゃないように、あたしには思えるねん。黒人自身にwarningを向けてる場面も多々あるように思える。 いろんなヒトがいろんな考えをもって見れる映画なんじゃないかな? もしくはわけわからず、ただ、「あ~、かっこい~!」と見るだけか。

あたしは3回目で色んなモノが見えてきたね、この映画。 見るたびに後味が悪くなっていくのはなんでやろか? だって、イタリア系人の視点で見ると、彼等、えらくかわいそうじゃない? 「郷に入れば郷に従え」なんだろうか? 自分の店ででっかい音でステレオならされたら、誰でも怒るとおもうねんけど?

結局は全ての人間に対して、"Fight the Power"と呼びかけてる気がする。

そして、気になるのは出演者のサミュエルちゃんとマーティンちゃん。あたしが初めてこの映画を見たとき、知らなかったもん。1990年くらいちゃうかな?しかも、マーティンちゃんに気づいたのって、ほんま最近!

この映画もSpikeの色づかい、ステキなんだよね。 赤色がTheme colorやったのかしら? それプラス、vividな効き色もってきてさ。かなりステキだわ! しかも、キレイのよね~、スパイクの映画って、空気が澄んで見えるというか、発色がほんといいっていうのか・・・。

しかしOpening、Public Enomyにあわせて踊ってるだけ~ってヤツ、 なんかすごいよね~~~。 最後のほう、見てる方が疲れてきちゃうよ。なんだかおもしろいよね~~~。 それでも"Fight the Power"ということで。