HE GOT GAME (1998)  邦題:ラスト・ゲーム

HE GOT GAME (1998) 邦題:ラスト・ゲームHE GOT GAME (1998)  邦題:ラスト・ゲーム

director: Spike Lee
starring: Denzel Washington, Ray Allen, Milla Jovovich, Rosario Dawson, John Turturro, Zelda Harris

あのSpike Leeですがな。Denzel様もでてなすってますがな! 始まりからSpike Worldですな。彼の映画はending rollまで見逃せません。そこまで何か訴えかけてますから。

さて、映画のほうはふとした事故で自分の妻を殺してしまって、15年の刑に服役中の父親と、愛する母を殺してしまった父を憎み妹の面倒をみながら、父親からたたき込まれたbasketで名声を得ようとしてるが現実的な子との物語。storyをここで全て言ってしまったらおもしろないやろから、 感動した点だけあげるとね・・・

黒人文化って皮肉なことに、名声を得るまでは褒め称えてくれるけど、実際名声を得て、富を得ると、みんなが敵にまわっちゃうところってあるんだよね。それはみんながeveryday struggleに苦しんでるからなんだろうけど。

あたしが心に残ったのが、父の行動もそうなんだけど 途中にちょっとだけそのproject(低所得者団地)地域を牛耳ってるヤツが言う言葉。名前はBig timeだっけ?一字一句は覚えてらんないから忘れたけど、 よかったら注意して聞いてみてください!”「薬・酒・女」がおまえをだめにする” ・・・殿方、わかりますか???

Spikeって家族愛とか、兄弟愛をよく描くよね。それは 「まず血の繋がってるものを愛せ!」とでもいってるかのように。それが順々にまわっていったら、hateって気持ってなくなるような気がするのはあたしだけかしら?

あと、sportsの戦いって健全よね。あ、あえて「素人のsports」っていわせてもらおうか。だってproに近づくにつれて、汚い部分あったりするやん。この映画でもあったけど、引き抜きとかさ。 以前TVでもLAのVenice Beachでのbasket courtの体験みたいなのをケイン・コスギがやってるやつみたんやけどできるヤツが認められる・・・で、できるヤツは挑戦を受ける。なんかほんと、すかっとするね! あといつも彼の作品で感心するのが、色の使い方。 黒人らしいっていったら偏見かもしれないけど、でもそうじゃないかなぁ。

Denzelの役作りもすごい! 歩き方からちゃうもんね。しゃべり方もちゃう。ghettoのdadって感じがよくでてる。だって、彼って結構smartな役ばっかりやんか。ほんでもこの役はね~、なんかちがうDenzelが見れた。

後もちろん注目は、Public Enemyの音です! endingで流れる"He Got Game"、歌詞もみてね!サントラ、「HE GOT GAME soundtrackHE GOT GAME soundtrack」、最高!!

あ、後もう一つ! なんで邦題が"Last Game"なの? あたしは彼らの始まりでもあるって感じるんだけど・・・。