“The Rose” by Bette Midler
Written by Amanda McBroom
日本語意訳:naoh aka 705

Some say love, it is a river
that drowns the tender reed.
Some say love, it is a razor
that leaves your soul to bleed.
Some say love, it is a hunger,
an endless aching need.
I say love, it is a flower,
and you its only seed.

ある人は「愛は川のようだ」という
柔らかに優しく漂う葦をも溺れさせると
ある人は「愛はカミソリのようだ」という
魂を血みどろにしてしまうと
ある人は「愛とは渇望することだ」という
果てしなくうずき続ける欲求だと
私は「愛とは花のようなものね」というわ
あなたは種なの

It’s the heart afraid of breaking that never learns to dance.
It’s the dream afraid of waking that never takes the chance.
It’s the one who won’t be taken, who cannot seem to give,
and the soul afraid of dyin’ that never learns to live.

傷つくことをおそれ、踊ることさえしようとしない心
目覚めることを恐れ、チャンスを手にすることができない夢
与えることをしないから、与えられることもない誰か
死ぬことを恐れ、生きようとしない魂

When the night has been too lonely and the road has been to long,
and you think that love is only for the lucky and the strong,
just remember in the winter far beneath the bitter snows
lies the seed that with the sun’s love in the spring becomes the rose.

独りぼっちで寂しい夜が続いて、これからの人生にうんざりしたとき、
ふとあなたは「愛って運が良くって強い人にしか与えられないもんなんでしょ」なんて思う
だけど思い出して。冬の間、ずっと雪の下に埋もれてた種は
太陽の愛をうけて、春にはバラを咲かせるのよ