Precious 邦題:プレシャス(2009)

Precious 邦題:プレシャス(2009)

Director: Lee Daniels
Screenplay writer: Geoffrey Fletcher based on the novel “Push” by Sapphire
Cast: Gabourey Sidibe, Mo’Nique, Paula Patton, Mariah Carey, Lenny Kravitz…

Gabourey演じる主人公の女の子Preciousと、彼女の母のMary(Mo’Nique)の冒頭のやりとりから、「こりゃ、久々重たい映画だわ」と思ったのもつかの間、中盤前からなんだか現代的な撮り方・・・妄想の描写・・・がところどころ挿入されていて非現実を感じちゃうので、ちょっと肩透かしを食らった。あたし自身が、社会的で現実的なストーリーであるなら、とことんリアリティを追求したものが観たいからだろうな。

Sapphireという作家の小説「Push」をベースにした映画というが・・・ひとことでこの映画を上手く表現する言葉が見つからないなぁ。

16歳であるにもかかわらず母親のボーイフレンド=自分の父親の子を2人孕む(子のうち1人はダウン症)、読み書きできない、母から暴力をうける、巨体、母親は生活保護うけるだけで働こうともしない、挙げ句の果てにHIVポジティブ・・・でも、縛られた日々から抜け出して、学校へ行き良い教師と仲間に出会い、いい看護士やソーシャルワーカーに出会う。

ひとたび思い切って外へ出てみると成功が待ってる・・・そう期待を膨らますことのできる、結果的にはポジティブな映画ではある。だけど、「現実はそんなに甘くないだろ!」とツッコミ入れてしまうよ、おばさんは。どちらかというと、エンディング以降のストーリーで観てみたい。ティーンや20代前半のコには希望を与えてくれる映画ではあると思います。

Mo’Niqueの迫真の演技と、ソーシャルワーカー役をすっぴんでやってのけたあのMariah Careyお姫様に拍手。