DEEP COVER (1992)

DEEP COVER (1992)DEEP COVER (1992)

director: Bill Duke
starring: Laurance Fishburne, Jeff Goldblum, Victoria Dillard

openingがごぉおおおおっつかっこえ~んですよ☆ もう、どきどきしてきます。そして出演はなぜか存在感のある(あたしはダイスキ)Larry Fishburneとあの「ハエ男」のJeff Goldblum。

クリスマスにjunkieの父親が盗みに入ろうとした酒屋で銃殺されるのを見た10歳の息子は、その父を産んだ社会を正したかったからか、policeになる。そして上司の薦めで”undercover cop”として動く羽目になってしまう。「社会のため」とそそのかされて。。。

まぁ何を”undercover”するのかというと、麻薬売買の大元をしょっぴくためだ。よくある映画のstoryではあるけど、それをLarryが演じるっちゅ~のがまた、何だかいい。ほんと彼、派手じゃないけどいい役者だと思うねんけどなぁ。もっといい思いしてもええんちゃうの? Go Larry, Go!…って、ここで応援してもしゃーないんやろけど。

社会は善と悪で成り立ってる。政治も権力も、全て$次第っていってもいいくらい。だから、「悪」も使いようによっては、沢山の$を運用するのに役だってくれたりするわけで。まぁ、それを考えさせられたりするわね、この手の映画は。全てのヒトが「善」をよしとして$を運用していかんと、社会の何処かが「悪」に染まるのは必然的なことかもしれない。そう、ひとりも欠けずに「善」をよしとしないとダメやねん。だからこの映画のように「善」であるべき警察も”undercover”とはいえ、「悪」にならんといかんようになる。この映画はその境目が描かれてるね。

openingもすばらしいが、endingは知ってるヒトが多いやろけど、かのDr. DreとSnoopのアノ曲! う~ん、ええねぇ。 血が騒ぐねぇ。・・・いいえ、暴力的になるんちゃうで! 踊りたくなるねん。