CROOKLYN (1994)

CROOKLYN (1994)CROOKLYN (1994)

director: Spike Lee
starring: Alfre Woodard, Delroy Lindo, Spike Lee, Zelda Harris, Isaia Washington…

Brooklyn、60年代後半~70年代にかけてのBlackFamily図的な映画。

1つの家庭とその中のオンナノコが主人公になってて、そのオンナノコの成長を描いてる作品。8歳の誕生日を迎える前と後でちょっとづつ、彼女の考え方も変わっていってるみたい。いろんな経験をして成長していくのね♪ 

父親・母親の役割ってやっぱりオトコのヒトは夢見がちでオンナのヒトのほうが現実的に描かれてるなぁ。男と女の性質で考えるとやっぱりそうなんやろね~。

あと、あたし自身が子供の頃は団地に住んでたから、この映画に描かれてるような「ご近所付き合い」って出くわしてたから微笑ましかったわん。マンションや一戸建てに住んでるヒトは、近所付き会いってあんまりないのかな? 近くのおに~ちゃんやおね~ちゃんと「けんけん」やら、「だるまさんがこ~ろんだ!」とかよくやったわぁ。。(余談やけど「だるまさんがこ~ろんだ」って大阪では「ぼ~さんがへをこいた~!」っていうねんで。)いろんな子供の遊びが映画に出てくるけど、子供の遊びって万国共通 だったりするのは何でだろ? でも最近の子供ってこんな遊びしてるんやろか? あんまりみかけへんよなぁ。 高価なおもちゃで遊ぶより、こうしてみんなでカラダ動かして遊ぶのが楽しいのに・・・。 カラダにもいいしね。 

物語的にはSpikeっぽくないのかもしれへんけど、色使いやら写 し方はやっぱり彼の手法だな~って感じさせる。 彼の映画はほんとcolorfulで色の写りがキレイで好きなのよね~♪ それとあとは音楽! あたしがちょうど生まれた頃の音だらけ。 Ooh Childは2Pacの"Keep Ya Head Up"で知ったんやけど、いいね~。 今の曲もこの頃みたいに受け継がれていくモノって沢山あるのやろか? 2枚組になってるのも、Spikeのこの頃に対する思い入れから? ラテンの血が混じってるあたしには(ほんまか? うそつけ!!)"El Pito" 聴いたら腰が動いちゃうの~!!(って何か変な表現やなぁ) "Crooklyn"、いいわぁ。この曲、produceがA Tribe Called Questなの。 bassの響き具合が最高!

そして主人公のオンナノコ、さいこ~にかわい~のっっ! あんな子供欲しいわん♪そしてDad役はDelroy Lindo。"Clockers"の時の役どころとは偉い違いでかわいいDadを演じております。こんなDadがいいわん♪

sound trackもCrooklyn soundtrack (Volume 1)Crooklyn soundtrack  (Volume 1)Crooklyn soundtrack (Volume 2)Crooklyn soundtrack (Volume 2)とでてるんやけど、この時代の素敵な音楽ばかりで懐かしい、いいものばかり。今の時代にないようなsoulやR&Bは要チェック!