CLOCKERS(1995)邦題: クロッカーズ

CLOCKERS(1995)邦題: クロッカーズCLOCKERS(1995)邦題: クロッカーズ

director: Spike Lee
storty: Richard Price
starring: Mekhi Phifer, Harvey Keitel, John Turturro, Delroy Lindo, Isaiah Wahington, Keith David , Pee Wee Love, Sticky Fingaz, Fredro Starr….

NY, Brooklynのproject(低所得者団地)を舞台にした犯罪ミステリー+ドラマ。題名の”Clockers”はprojectのbenchにいるドラッグ売人のことだけれど、銃で撃ち合ったりなどするギャングスター映画ではない。白人刑事に(白人とは限らないかもしれないし、刑事とも限らなくていいかもしれない)「黒人に対する先入観を捨てろ!」って呼びかけてる、といった映画。

projectに住むビクター(Isaiah Washington)は真面目で働きもので、2児の父親。一方その弟のストライク(Mekhi Phifer)は同じproject内に住むclockerの一人。ロドニー(Delroy Lindo)の手下として真面目に、毎日公園のベンチで稼業に勤しんでいる。そんな中、最近流行りだしたハンバーガーの店長が殺された。その店長、店で麻薬を売買してたのよね。薬絡みの事件だろう・・・というみんなの予測とはうらはらに、真面目なビクターが自首してきた。殺人課担当の刑事ロッコ(Harvey Keitel)は真相を探ろうと、projectで聞き込み始める。もう、ロッコの目星はついている・・・ホシは弟のストライクなんだろう、と。

Spike Leeの映画ってのはopeningから見逃せない。そこだけで芸術的であったり、何かを訴えてたりする。この映画でもそう。映画の冒頭から、生々しい傷跡の写真の数々。Spikeの映画って、赤と青と黄色が、脳にしみるのよ。vividな色の使い方があたしを虜にさせる。ヨーロッパのそれとはまた違うような気もする。brown skinにまたこれがあうのよ。偏見かも知れないけど、白人や黄色人種ではなかなか使えない色だと思う。

そして他にも「ゲームが子供に与える影響」や「犯罪の低年齢化」も、この映画のサブジェクトとして描かれてるようだ。あと故意なのか、麻薬を買ってる人たちがほとんど黒人ではない。あと、この映画でも「お金はちゃんと残しておけ。おまえら(黒人)はすぐ使ってしまうからな・・・」といった表現がでてくる。Spikeが映画で描きたい題材の一つなのか。ロドニーが子供達に散髪しながら説教する場面で出てくるんだけれど、そういうちょっとしたepisodeも見逃さないで見て欲しい映画。

ちょい役でOnyxのFredro Starr, Sticky Fingazも出ています。何度観ても、飽きない。Spikeの映画の中でスキなものの一つ。サントラCLOCKERS(1995)邦題: クロッカーズもこの時代らしさが溢れていて、お気に入り。