SLAM (1998)

SLAM (1998)SLAM (1998)

director:Marc Levin
starring: Saul Williams, Sonya Sohn, Bonz Malone, Lowrence Wilson…

Slam=poetry readingとともに、黒人の現実を描いてる作品。黒人の人口が約7割を占めるというWashington D.C.が舞台でドキュメンタリータッチで描かれてる。

主人公がgangのbossである友人と会ってるときにその友人が目の前で撃たれた。ただ主人公はその友人が「honeyにステキなpoetryを送りたいからつくっておくれ」と言われ、それを聞かせにきただけなのに、現場に居合わせ思わずpoliceのサイレンにびっくりしてしまったのか、現場から逃げて走っていこうとしてしまったために犯人としてjailに送られてしまった。

こういうことは日常少なくないらしいことを雑誌の”The Souce”や「ニュースステーション」の特集で見たことがある。 「黒人」「チカノ」っていうだけで、その場に居合わせたら犯罪者扱いで、法廷でも「無実」を勝ち取るよりも、「有罪」を認めたほうが罪は軽くてすむ・・・ていう事実。「ニュースステーション」でチカノの17歳の少年だったけど、殺人現場に居合わせただけで終身刑になった。gangのメンバーだったり、前科があったり悪さしてきたのは確かだけど、その事件に関しては何もしてない・・・と言っていた。少年は「今までしてきたことの罰だと思ってる。日本のみんな、法を犯したり、他人に迷惑かけることはすべきじゃない。僕らみたいになるんだからね。」と言ってたのを思い出したね、この映画みてて。

そしてこの映画では”behind bar”の状況も描かれてる。jailはgangの世界の集まりなんだろう。「おまえはどっちにつくか」ってな、子供じみた世界でもあったりする。それを「子供じみた」と思わせるように、主人公はどっちにつくこともおかしく思って、みんなの前で”slam”する。metaphorをいろいろ使ったり、ときにはstraightな言葉で自分の思いを表現する。 結局のところ、みんなその主人公のように「自分」でいたいんだろう。そのpoetryを聞いて、主人公をそっとしておくことにするの。

演じてるSaulとSonyaは実際のpoetry readerだそうだ。Sonyaのセリフもどこか表現が"slam"してるのか、かなりの説得力とpowerが感じられる。 映画上のSaulとSonyaの恋愛関係は急に進展しすぎて、あんまり意味がないんやけど(別に友人関係で描いても十分やったような・・・)その2人のセリフのやりとりは今のBlackCultureを表現してるだろうコトが多くって、興味深いよ。Sonyaがflea marketで買って、ケンカのときに見せてた奴隷船の見取り図、"The Source"にも載ってたなぁ。

この映画、ほんとかっこいい。・・・んだけど、あたしはどうもひっかかるシーンが1つあった。Saulがjailに行くvanに一緒に乗ってたAsianの描かれ方。あれはどう考えても必要な場面じゃない・・・のにながながとあのAsianが描かれてる。あれはAsia人のstereotypeを皮肉った表現なんかしら? きっとこの映画の作者は何か言ってるんよ、あの場面を使って。何だろう??? 一人スラックスはいて金持ちそうなAsia人。 banの中で文句ばっかりいってるけど、どう考えてもびびってるようにしか見えなかったりする。その場面をみて、ちょっと悲しくなった。あたしとしてはちょっとしこりの残った映画ですが、なかなかの優れもの。要チェックです!