Love & Basketball (2000) 邦題:ワン・オン・ワン -ファイナルゲーム-

Love & Basketball (2000) ワン・オン・ワン -ファイナルゲーム-Love and Basketball (2000) ワン・オン・ワン -ファイナルゲーム-

director: Gina Prince-Bythewood
starring: Omar Epps, Sanaa Lathan, Alfre Woodard, Dennis Haysbert, Regina Hall, Debbi Morgan, Tyra Banks

basket ball少女が送る、スポ根+dreams come true+Love Story。
何かに打ち込みながらも、どこか気になる存在がいて・・・ほんでも、打ち込むものの方が大事だったりするわけで。 結構若い時ってこういうことあるよね。あたしも高校の時は英語や音楽が楽しくって、「男なんていらんわい! てかあたし超えるヤツでてこいや!」っていう、「何様」なヤツであったのよ。(←あほ) それでも気になるコはいて、スキやねんけど、別に付き合うとか、そんな感情じゃないんよな。「わ~このコどんなこ?」って話したくて近づいたりしてたもんや。ま、スキでもないコに手振ってたりはしたけどね! そう、なんか熱中するものに出会ったコはわかるやろけど、その「熱中するもの」を達成するほうが、自分にとって快楽ですがすがしいねん。一時のsexなんて、比べモノにもならんで!(!) いや、マジな話。・・・ってもどっちもええもんですが!(爆)

最後は見てのお楽しみやけど、ちょっと「ありえへ~ん!」ってか? あんなぎりぎりの設定にせんと、おもしろみにかけるんかもしれへんけど、そこが余計にちょいと無茶ですわな。 ま、映画ですから!(笑) その最後の最後にあらまぁ、これはおもしろい。Omarと「Higher LearningHigher Learning」で共演してたTyra Banksが! びっくりしましたよ!

しかし、オモロいのがOmar Eppsが高校生役・・・似合えへん!! Sanaaはそれなりにhigh school girlちっくではあるんやけど、Omarには無理があるんちゃいますか!? 監督は「Disappearing Acts フェイス・イン・ラブDisappearing Acts フェイス・イン・ラブ」と同じ。Monicaを演じるSanaa Lathanも「Disappearing….」でWesley Snipesの相手役やった。あ、あの映画Regina Hallもででますな。 なんか「この監督にはこの役者」ってのって、あるよねぇ。

あたしね~、Alfre Woodardがスキなのよ。なんかちょっと品つくった小綺麗”mama”って感じで説得力あるのよ、役に。Crooklynの時もそうやった。Sanaaはこの映画でOmar Eppsといい仲になってたって? (でもOmarはのちにTotalのKeisha Spiveyとの子どもができたらしいけどね。)