I Love You, Man 邦題:40男のバージンロード(2009)

I Love You, Man 邦題:40男のバージンロード(2009)I Love You, Man 邦題:40男のバージンロード(2009)
Director: John Hamburg
Cast: Paul Rudd, Rashida Jones, Jason Segel, Sarah Burns

結婚前にベストマン(結婚式での新郎の付添人。)として選ぶ友達もいないという主人公が、「それじゃ、今から作ろう!」と頑張るんだが・・・というお話の映画、I Love You, Man 邦題:40男のバージンロード(2009)I Love You, Man 邦題:40男のバージンロード(2009)を今日観た。

こんなおチャラけた邦題だけど、結構心温まる映画で。

正直過ぎて、不器用で・・・という人間は、どこの国であれ、ソンすることが多い世の中になってるんだろうねぇ。主人公にしても、その「親友」となりうる男性にしても、損得関係なしにもちつもたれつ、give and takeとして簡単に受け止められる人間って、人に解されないことも多い気がする。

あ、私以前勤めてた頃、会社の子と話していて、私にとって親友とは?って聞かれたことがある。私は自分の思いを表現する中で、「give and takeできる人」と言ったんやけど、彼女はそのフレーズを解さなかったようで、どうも私を「損得勘定で友達を選ぶ人」だと受け取ったよう(説明したんだけど、一度マイナスイメージを持たれるとプラスに変えるのって難しいよね。)。どうも「give and take」って良い印象を持たない言葉に解されることが多い気がする。「もちつもたれつ」とか「中庸」とか「妥協」とか、まぁ、そんなイメージの言葉だよね? 何故「give and take」が損得勘定と思うのか、私には全く「?」で、彼女はそれを説明すらしてくれなかったから、私が間違っていたとしてもわからんという。誰か教えて、プリーズ!

ちょっと話がそれたけど、結局は「親友」って付き合った年月の長さや、どれだけ同じ経験とか興味をシェアできてるかとかいうレベルでの間柄ではないと思うのね。何から何まで共有できるという人を見つけるなんて至難の業でしょ? 伴侶となり得る人でさえ。ましてや、親友の数が多けりゃ幸せっていうもんでもない。「必要な人はそのタイミングで必然と現れるんじゃないだろうか・・・」なんていう私の思いも、まぁアリなのかもねと思わせる映画でもありました。

主人公のPeterを演じたPaul Ruddも良いけど、Jason Segelがなんだかスキです。”Knocked Up”、”Forgetting Sarah Marshall”などにも出ている、ぬぼーっとした人(sorry!)ですが。この二人、”Knocked Up”で共演してます。