GET ON THE BUS (1996) 

GET ON THE BUS (1996) GET ON THE BUS (1996) 

director: Spike Lee
starring: Ossie Davis, Richard Belzer, Isaiah Washington, Bernie Mac, Thomas Jefferson Byrd…

そ~いや、この映画、単館で上映されてた最後の日に駆け込みで見に行ったなぁ。お客さん、10人くらいしかおらんかったような。。。1996年当時はまだ日本でBlack Cultureに興味をもった人が少なかっただろうし。しかも東京ではまだしも、大阪は単館映画自体少ないし、マイナー映画を見に行く人も少なかったもん。(現に、あたしがこの頃行ってた映画館はもうない。)

目的は1995年10月16日、Nation of Islamの指導者のLouis Farrakhan(Malcolm暗殺に関わりがあるともいわれていたりした人だが)が先導して行われる、ワシントン広場でのMillion Man March(参加資格が全米黒人男性のみってのが「?」 ですが)。12人のさまざまなbackgroundをもった黒人達を乗せて、そのバスはLAを出発。そのロードの途中の色んな人間模様を描いてる。

でもこれはbased on true storyじゃない。busでWashingtonへいくというstoryは、1960年代初頭に起こった、”Freedom Riders”のmovementからinspireされたのかなぁ。Spikeらしい視点であるなとは思う。結末もSpikeらしい。この結末があたしにとっては凄く、意味のあるものに思えた。SpikeはこのMarchの本当の意味を、みんなに何かを訴えかけてる気がする。そもそも、このMarch自体、「男性のみ」ってのも「?」で、目的も漠然としてるような気がするのね。ま、ここであたしがツラツラ書き連ねるより、ご自身で調べて、感じてみてほしいな~と思います。

サントラ、GET ON THE BUS soundtrackはbus内での”Roll Call”から始まる。あ~、文化ですな。あたし達日本人もこれが自然にできたらなぁ~なんて思ったりします。新・旧入り交じった選曲。Doug E Fresh “Tonite’s The Nite”のfunkness、ええわぁ。StevieにCurtis、聴かせます。

2007年11月25日 初回掲載