The PLAYERS CLUB (1998)

The Players ClubThe Players Club

director: Ice Cube
starring: Lisa Raye, Jamie Foxx, Bernie Mac, Monica Calhoun, John Amos, A.J. Johnson, Alex Thomas, Faizon Love, Terrence Howard, Master P…

主人公Dianaはどうしても自分の決めた大学でジャーナリズムを勉強したい。でも親は反対。それならでていく・・・とその大学へ行くモノの生活をして行かなきゃならない。shoe shopでバイトしてた彼女はそこにきたstrip dancerの2人に勧められて彼女の働く”the Players Club”へ・・・・。 

Dianaは生活の為と割り切って、お金を手っ取り早く稼ぐためにstrip dancerを選んだけども、きちんと「お金のため」っていうスタンスは変えない。外でextra moneyを稼ぐためにparty danceしたり(でも一度はparty danceしに行ってしまって、ひどい目にあったんだけどね) 、もちろんカラダを売ることは断じてしない・・・その生き様は強く、たくましい。あくまでも勉強したいため。

“No!”と言わなきゃならないことにはちゃんと”No!”と言える人間でいたい。そうあるようにと、この映画の主人公は言ってる。特にオンナなんだから、余計にしっかりしなさい!ってね。ちょっとおしり触られたり、ハダカみせるだけでmake moneyできるって簡単なようだし、sexもOK!気持ちいいし~ってのもいいかも知れない。だけども、深みにはまることは間違いないし、人間としてそれだけの「オンナ」で一生いるのは絶対後で悲しい思いするだろうから。

黒人社会では「オンナ」を売ってget moneyすることは少なくないと雑誌などで見たりする。働き口もなく、取り立てて特技もあるわけじゃない。そんな中で手っ取り早くカネ稼ぐには仕方ない方法なのかもしれない。生活の為だし。だけど、振り返ったときに何が残る? まさか50歳になっても続けるわけ? 買い手がいなくなるって!苦しくても何か実りあることして、お金を稼ごう。そうだなぁ・・これからは、日本社会の問題にもなるかもね。netの普及でいろいろやってるコもいたりするんでしょ? 新聞で最近よくみるからね。捕まる前にやめときなさいね!ほんと、この映画、日本のオンナノコに見てもらいたいわ。

Diana役のLisa Rayeは顔もいいし、カラダもいいのよね~~!! あたし好み♪ あんなカラダだったら武器にもしたくなるかも! も~、よだれでそうやでぇ~~~~!! あ、あたしは男性ではありませんよ! レズビアンでもありません。ただ美しいものは美しい!!笑

The Player’s Club soundtrackThe Player's Club soundtrackもよろしいですよ♪ "We Be Clubbin’"はもちろん、「せぇい~む ○ぃんぽ~♪」って聴こえるChanging Facesの"Same Tempo"など、Memphis BleekやMaster Pなんていう懐かしい名前も。

しかし、Ice Cubeは人間観察、日常描写→心理描写が得意ですね。