Black August 獄中からの手紙 (2007)

Black August 獄中からの手紙 (2007)

Directored by Samm Styles
starring Gary Dourdan, Darren Bridgett, Ezra Stanley, Tina Marie Murray…

18歳の時、ガソリンスタンドで70ドルを恐喝強盗した罪で1年~終身刑を言い渡されたGeorge Jackson。そのJacksonがSan Quentin State PrisonでBlack Guerrilla Familyを創立した頃から、本の出版を提案され実行し、その生涯を終えるまでを描いている映画。

映画的には・・・たぶん予算も少ない中の製作だったんやろなぁ、正直、大雑把でぶつ切りな作り。もうちょっと詳細まで描たものがみたいなぁと物足りなさを感じる。弁護士はその後どうなったんだ? 出版社の彼の提案に反発するものの、その後の距離の縮まり方はちょっと現実味がないかな。あと、彼は独房でstruggleしてたに違いないし、弟の「出来事」はかなりショッキングだったに違いないんやけど、もうちょっと描いてもらわんと・・・Georgeの苦悩が伝わりにくいかな。かといって、フィクションが過ぎても嘘になっちゃうし、この映画のストーリーくらいが、淡々としてていいのかも。彼がjailにて受けていた不当な扱いについては、随所に出てくる。

そいや、時代は違えど同じSan Quentinで生きたStanley Tookie Williamsの映画「Redemption: The Stan Tookie Williams Story(邦題:クリップス)Redemption: The Stan Tookie Williams Story(邦題:クリップス)」の映画の方が、realityを感じやすい見やすい映画やったかな。

Black Panther PartyやSNCCなどで活動していたAngela Davisも出てきますね。Angelaは本当にcharismaticなactivistだったんだろうね(今もご健在です)。彼女については、長くなるので、また別の場所で。

この映画の最後で、過去に看守を殺したという容疑に対する裁判を3日後に控えた1971年8月21日に、自らだけでなく他の囚人を引率して脱獄を計ろうとしたところを銃で撃たれて死んだ・・・と描かれている。ある証言では「彼は脱獄したのでもなく、それを引率してもいなく、武器さえも持っていなかった」とされていたりもするそうだけど。(また、映画ではピストルは「アフロのウィッグ(かつら)」に忍ばせてこっそり持ち込まれたと言われてたように思うけど、実際は「テープレコーダーだった」とか。)

ともかく、彼や彼の弟達は、自分だけのためでなく自分を含める黒人の仲間達のために戦った。彼らの死は今も語り継がれ、彼らの思いと共に戦い続けてる。

George Jacksonの著書:
Blood in My EyeBlood in My Eye

Soledad Brother: The Prison Letters of George JacksonSoledad Brother: The Prison Letters of George Jacksonソルダッド・ブラザー:獄中からの手紙 (日本語訳版)ソルダッド・ブラザー:獄中からの手紙 (日本語訳版)

Angela Davisの著書:
Are Prisons Obsolete?Are Prisons Obsolete?監獄ビジネス:グローバリズムと産獄複合体(Are Prisons Obsolete?の日本語訳版)監獄ビジネス:グローバリズムと産獄複合体(Are Prisons Obsolete?の日本語訳版)