Redemption: The Stan Tookie Williams Story (2004 TV) 邦題:クリップス

Redemption: The Stan Tookie Williams Story (2004 TV) 邦題:クリップス


クリップス @ amazonクリップス @ amazon

director: Vondie Curtis-Hall
starring: Jamie Foxx, Lynn Whitfield, Lee Thompson Young, Brenden Jefferson

Stanley Tookie Williams…去年2005年の暮れに死刑執行されたことで彼の事を知った人も多いんやないかな。2005年12月13日に死刑執行されて亡くなった、LA Gang “Crips”の創設者の一人だった彼の物語。主にjailに入った1981年から本が出版されノーベル賞にノミネートされて、死刑反対運動が高まった頃までを描いてます。

彼が無実を主張してたからか、映画では「彼が犯したとされる犯罪」のことはあんまりとりあげられてなく、彼のjailでの変化・・・Malcolm Xがそうだったように・・・と、その間の活動に焦点があてられてる。

「彼が犯したとされる犯罪」–1979年に2件の強盗で4人を殺害されたとされている。セブンイレブンとモーテルでの強盗で得たとされる金額は約300ドルくらいやったはず。決定的な証拠はないが、数々の証言で彼の罪は立証され、有罪判決。死刑。

検察は3人の黒人陪審員をこの裁判から外し、陪審員は黒人0、ラティーノ1、フィリピンアメリカン1、残りの10人はCaucasians–白人で構成されていたとか。陪審員の評決の間、Stanleyは暴言を吐いたり、脅したりしてたという記録があるとか。極端な情報が色々あって、彼を「有罪」か「無罪」かっていうのは、色々調べても判断できへん・・・少なくともあたしは。なので、映画もこういった構成にせんとなりたたへんかったやろなぁ。1981年以降jailに入っている間も、1993年以降はその記録はなく、gangとの関わりも見られていないけど、1980年代は反抗的で暴力的やったという記録がある。

どちらにしても、彼は「何か」を境に改心して、”redemption”に生きた。きっとそれは「別の表現の方法」を知ることができたから・・・あたしにはこの映画を通してこんな風に映っている。 力(暴力や銃)で表現する「強さ」しか知らなかった人間が、言葉で「強さ」を表現できることを知ったというか・・・もともと人間って動物的やと思うねん。伝える能力である「言葉」とその「言葉」を生む「思考」がなければ、暴力的で野蛮になってしまうんちゃうかな。Stanleyを取り巻く環境が彼を「動物的」に成長させてしまってたんよ。彼がもっと前から、違った「強さ」を知ってたら・・・と思う。彼の死を悼むだけでなく、特にStanleyと同じ環境下の黒人社会の人々は考えて欲しい。暴力と銃の力は人間を「無」にさせるって・・・この力があるから、あなた達はStanleyを亡くしたんだから・・・って。

過去の過ちをわび、本を書き、子供達にanti-gangとnon violenceを訴えた。2001年からはノーベル平和賞にノミネートされ続けた。・・・でもこれ、彼だけの力ではありえなかったと思う。きっと心の中では後悔や詫びることはあったとしても、果たしてそれを表現することができたやろか? やっぱり人との出会いって大切やと、この映画を見てても思わされる。ある人に出会うことによって、今までと変わった人生、違う自分になれることってあるもん。自分一人の力では、なかなか難しいことやね。BarbaraとStanleyとの出会いは、それは、かけがえのないものやったと思う。暴力や銃なしで、心でぶつかり合い、素直に言い合える間柄の人間はgangであるStanには居なかったんやないかな。 でもその新たな出会い、"chance"を生かせたのはStan自身。そこに敬意をはらいたい。

Jamie Foxx、好演しております。かなり肉づきよくしたかな? Stanley、すごいキン肉マンやったもんなぁ。Will Smith主演の”Ali”であの役、”The Players Club”であんな役をしていた人とは思えません!笑 Barbara役のLynn Whitfieldもよいです。Angela bassetと雰囲気似てる? TV映画の出演が多いようやけど、”A Thin Line Between Love and Hate”、”Head of State”なんかに主演・・・あれ?comedy多いのね。笑

彼の遺骨は灰になり、彼の希望のとおり、南アフリカのソウェトにあるThokonza Parkの湖にまかれたそうです・・・彼の長年の友人と映画でも描かれていたBarbaraが連れて行ってあげたんだって。