Soul Men (2008)

Soul Men (2008)

Director: Malcolm D. Lee
Writers: Robert Ramsey and Mattew Stone
Cast: Samuel L. Jackson, Bernie Mac, Sharon Leal, John Legend, Isaac Hayes, Mike Epps…

70年代を代表したソウルグループだった”Real Deal”のリードシンガーが亡くなった。それをきっかけに残った2人のシンガーが25年ぶりに再会。そして・・・。

もうSamuelとBernieが心から楽しんでいて、映画であることを忘れるくらいの演技。いや、きっとアドリブも多かったんだろう。Bernieのいいところがこれまた映画のあちらこちらに溢れ出ていて、彼がこの世にいないということがウソのように感じる。

過去の栄光って、皮肉にもジャマになる事も多いだろう。私自身がその栄光を経験したことがないから不確かだけど、きっと重荷であることのほうが多いと思うのよね。それを笑えるくらいの人間になることができていたらいいけど、周りは良いようにとらないことのほうが多いだろうからね。そんな葛藤をコメディではあるけどドラマにも仕上げている映画。何もない平原の道端で、自分たちの曲がかかると仲直りして楽しく歌いしみじみ踊る場面。楽しかったっていうのは、自分たちが一番覚えてる。周りが今、なんと言おうと。

なんだかあったかい撮り方と思ったら、Malcolm D. Leeって、Welcome Home, Roscoe Jenkinsやら、Roll BounceのDirectorだったのね。また映画のしょっぱなからJohn Legendが何故か笑える。彼を抜擢したとは、ナイスチョイスだ。台詞もない役柄だけども、まぁなんだかハマっているのよ。

Bernie MacもIsaac Hayesも亡くなってしまうとは。2008年の夏・・・しかも一日違いでね。Rest in peace.