なんともカテゴライズしずらい、”Wu-Tang色”な彼ら。おどろおどろしい音と気狂いじみたテンションのflow。といっても、以後のalbumではその「荒々しさ」がなくなっていくというか、個々が独立 […]