jazzやsoulのサンプリングや、西海岸のギャングスタラップ、アフリカ回帰なサウンドやリリックが流行ってた90年代初頭、不協和音とざらついたサウンドと骨太なflow・・・なんともカテゴライズしずらい「Wu-Tang色」で出てきた彼ら。おどろおどろしい音と気狂いじみたテンション。

個々の色よりも「Wu」として成り立つ彼らの代表作。「C.R.E.A.M.」やら「Wu-Tang Clan Ain’t Nuthin ta f’ wit」、最高に濃い!