Mr. 3000(2004)

Mr. 3000(2004)

Director: Charles Stone III

Writers:
Eric Champnella, Keith Mitchell…

Starring:
Bernie Mac, Angela Bassett, Micheal Rispoli, Brian White…

3000安打を達成した直後「これでオレも殿堂入りさ」と誇らしげに球界から引退した傲慢プレイヤー、Stan。しかしその10年後、実は3000安打のうちの3本が記録ミスだったことが発覚。これでは殿堂入りがムリじゃないか!ということで、「現役復帰してその3本をクリアしてみせるぜ、ベイビー」とばかりに奮起する。

もう50歳も目前の彼にとって、たかが「3本」はされど「3本」。打てはしないが客を呼べるからということで、オーナーも「おかざり」的な扱い。次第に、傲慢な自分の浅はかさに気付き、自分のやるべきことは何か・・・ということに気付いていく。

ラストが「を!やるじゃん!」っていう、爽やかな感動を味わえる映画。主人公のStanをBernieが演じてることが、この映画のキモかも。ストーリーは「映画だもんね」的だけども、妙なリアリティを感じる。ああ、Bernieってこれからもっといい味でてくる役者さんだったと思うんだ〜。2008年でこの世を去り、享年50歳。なんか、観てて切なくなってきた。

大きな成功まっただ中の人間は、「自分ってすごい!」と思いがち。傲慢になって、その成功が自分だけで成し遂げたと錯覚することも多いんだろうな。傲慢になると周りが離れていくから、余計にそう感じるのかも。いや、「自分一人で成し遂げた」自ら思うことで、人が離れていった事実から逃避しているのかもしれない。

本当に「成功した人」とは、いざというときには自らを犠牲にできる。そうすることが誰かのためとなって、糧となって、自分に生きてくることを知っているんだろう。