the Fighting Temptations(2003)

the Fighting Temptations(2003)the Fighting Temptations(2003)

Director: Jonathan Lynn
Writer: Elizabeth Hunter
Cast: Cuba Gooding Jr., Beyonce Knowles, Mike Epps, Ann Nesby, Faith Evans, Angie Stone, T-Bone, Montell Jordan

なんかで「ゴスペル・オペラ!」なんて書かれてたから、Mekhi Phiferとやってた”Carmen: A Hip Hopera“のような感じかな?と思ってたんやけど、オペラで進行する映画ではなかったよ〜。迫力あるクワイヤーシーンがあったり、挿入歌がいい感じだったり〜といった、音楽好きには楽しめる映画。ストーリーは”天使にラブ・ソングを 2天使にラブ・ソングを 2“のような感じ。教会を追い出され、生まれた土地を去る親子。その子供だったDarrin(Cuba)が主人公。NYでエリートサラリーマンしていた彼が、親戚の葬儀で地元に帰っている頃、ひょんな事で仕事を失う。目先は無一文か?と思ってた矢先に、地元の教会からゴスペルコンテストの話を聞かされる。賞金に目がくらんだDarrinは・・・。

何せ、冒頭からFaith Evansが出ているんですもの。しまいにはAngie Stoneやら、Sounds of BlacknessSounds of BlacknessでリードをとっていたAnn Nesbyが出てくるんですもの。Montell Jordanの役には、クスッと笑ってしまったけども。

私がCubaのファンであるので、Cubaがワンパターンだけど熱くてコミカルで乗りやすい〜なキャラクターを演ってくれるってだけでもう、充分楽しめるんだけど、Beyonceもなかなかやってましたよ。Feverを歌う場面なんてもう、BeyonceのPVか?と思うくらい。Beyonceが登場して最初に思ったのは、「えらい太ってる時期なのか? もしや、南部女性を演じるために太った?」。ほんと二の腕とか、どつかれたら死んでしまうよ〜と思うくらいだったから。調べたら、やはりこの役のために太ったらしい。

Cubaがかなり弾けて、ブレイクダンスを踊っちゃってくれてます。彼の過去の経歴みると、Paula Abdulのバックダンサーだったり、1984年のロサンジェルスオリンピックの閉幕式でLionel Richieのバックで踊ってたこともあるそうな。