Yahoo!ニュースにあった、猪瀬直樹の英語ツイートは国辱もの? 小学生レベルでも「通じればいい」のか、の記事を読んで。

例えば、私たち日本人の中で、母国語の日本語で文章を書くときに、文法・言葉の意味を正しく理解して文章表現できる人が、どれだけいるだろう。いい年したオトナでも、小学生の日記と変わらない表現しかできない、表現力・語彙力の乏しい人だっている。それなのに、日本語のことならともかく、とかく「英語」となれば、「どれだけできるんだ?」「間違ってんじゃないの?」という声が聞こえるってのは、なんだか時代遅れも甚だしいんじゃないかと思うね。

「いろんな国で、いろんな英語に出会う。実に本当に、いろんな英語がある。」
「言葉はコミュニケーションツール。」

・・・そう感じている人間が、日本人の中にどれだけいるんだろう。

たしかに、服装、振る舞いもそうだけど、言葉もTPOによって使い分けするように、国家間会談・会見などで一国の首相が
、あまりにもブロークンな英語でコミュニケーションするのは、その場にふさわしくないだろう。言葉のニュアンスで伝え間違いがあれば、大事にもなりかねない。そこは言葉の専門家である通訳をつけて、使う言葉より話す内容に注力してほしいしね。

でも、英語を母国語としないお偉い様方がちょっとしたインタビューを受けるときなんかは、前置詞が抜けてるだとか、ちょっと違うんじゃないの?なんてことは、よくある気がするのよね。でも、インタビューは成り立っている。コミュニケーションでカバーできるからだろうね。

猪瀬さんのツイートをフォローしていないので、内容はわからない。だけど、記事の中に書かれた英語程度なら、通じなくはないと思うけど? flyをfryって書いたとしても、通じるよ。闇雲に英語使ってるわけでもないし。「オリンピック招致のために、海外に発信したい」という意図も見える。

私が猪瀬さんに注文するとしたら、英語の使い方がどうのこうのより、日本から海外に発信するべきと思ったことは、どんどん発信してほしい・・・ってことだな。そうしていたら、英語を簡単に操れる日本人が、どんどんRTして補足してくれたりするんじゃないの? それがtwitterのいいところだと思うんだけど。

ツールは何でも、ポジティブに使わなきゃ、もったいない。
英語も、twitterも。