「デス・スター」建設嘆願署名に、真剣に回答してくれるアメリカ政府

7600京円「デス・スター」建設求める請願、米政府が却下(ロイター)・・・なんて記事が!!映画「スター・ウォーズスター・ウォーズ」に登場する「デス・スター」ですよ!

アメリカの魅力って、こういうところなのよね。署名が一定数集まれば(25,000人以上)、政府が公式に回答するってところや、その回答も映画のエピソードをきちんと加味して、witにとんだものであったりするところ。

学生の頃よりはもうアメリカへの憧れって薄れているんだけど(人生経験も増えれば、ほかの国の魅力も知ったり、アメリカのイヤなとこにも目がいくようになるもんねぇ。)、こういった部分が「やっぱりアメリカっていいよね!」って思わせるのよ。

んでも、建設費用の概算って、何をもとにそうなったんでしょうね。ま、見積書みたところで訳分からないだろうけど。

嘆願署名と回答の原文はthe White Houseの以下のページより。
we petition the obama administration to:
Secure resources and funding, and begin construction of a Death Star by 2016.

以下、私自身の素人のメモ的翻訳ですが。【】内は私によるツッコミ。

【日本語訳:私】

オバマ政府への嘆願内容:
財源を確保し、2016年までにデス・スター建設を開始する。

アメリカ政府に対し、2016年までにデス・スターの建設を始めるための財源確保を求める嘆願書へ、ここで署名します。

我が国の国防財源を、映画スターウォーズに登場する「デス・スター」のような宇宙軍事施設の建設や宇宙軍事兵器に注入することで、建設事業、土木事業、宇宙開発事業などの分野での雇用を促進し、国防を強化できます。

ホワイトハウスの公式回答:
みなさんが期待する回答ではないですが・・・。(ポール・ショークロスによる)

オバマ政府は、我が国の雇用促進と国防強化に対するみなさんの要望について協議しましたが、デス・スターの建設は将来起こることはないでしょう。
以下はその理由です:

1)デス・スターの建設にかかる費用を概算したところ、約85京ドル【日本円で約7,580京円!】以上かかることが判明しました。政府は国の債務を縮小するために動いているのであって、債務を拡大するためにではありません。

2)我が政府は、惑星の破壊を支持しません。

3)一人乗りの宇宙探査船に破壊される【心臓部をドーン!で無くなるんだもんね!】といった致命的な欠点を持つデス・スターに、みなさんの税金をつぎ込む必要はあるのでしょうか?【そりゃそうだ。】

よく見てみてください。宇宙には、すでに浮かんでいるものがあります。それは月ではなく・・・【ドラムロール!】「宇宙ステーション」です! 私たちにはすでに、地球の軌道を回る、巨大なフットボール場サイズの「国際宇宙ステーション」があります。それにより我々人間が長い期間、宇宙でどのように生活し繁栄していくことができるかを研究することができています。宇宙ステーションには現在、6人(アメリカ人、ロシア人、カナダ人)の宇宙飛行士が駐在しています。彼らは、実際に現在そこで生活し、調査を指揮し、どうやって長期間の宇宙での生活や仕事を行っていくかを研究し、宇宙船を定期的に受け入れ、搭載されているゴミ圧縮機の修理などを行っています。また、ロボット実験ラボが2基、火星に配置されており、そこで生命体が存在しているかどうか探索しています。

わかっておいていただきたいことは、宇宙はもはや「政府だけ」のことではない、ということです。企業も、NASAのCommercial Crew and Cargo Program Office (C3PO【!】)を通じて、宇宙への貨物(じきに人も)の輸送や、この10年内の月への飛行の実現に取り組んでいます。

アメリカ合衆国は、Kessel Runを12パーセクで飛ぶ【映画での、「ミレニアム・ファルコンはKessel Runを12パーセクで飛ぶ」というハン・ソロの表現、でました!】宇宙船を所有していなくとも、太陽系外に宇宙船を2基すでに配置しており、現在は太陽大気外への飛行が可能な宇宙探測機を建設中です。我々は、ほかの惑星系にある何百もの新惑星を発見していますし、ハッブル宇宙望遠鏡の後継となる、さらに優秀な宇宙望遠鏡も開発してるところです。

我々にはデス・スターはありませんが、宇宙ステーションには浮遊ロボットがいますし、ライトセーバーマシュマロキャノン砲を扱い慣れている大統領もいます【リンク先参照にて、意味がわかる!ほんとだ、扱っている!】。「ルークの腕」や浮遊ドロイド、4足歩行ウォーカーなどの開発の研究をサポートする国防高等研究計画局も設置されています。

我々は未来にも生きています。楽しんでください。ぜひ、科学、工学、技術や理数系分野に関わることで協力してください。大統領は、ホワイトハウス内で初めての科学博覧会天文学ナイト【Nightって、ナイトでいいよね。でも、なんだか笑える。】を開催しています。大統領は、これらの分野は我が国の将来にとって重要であり、我が国が世界をリードし続けるためにも大切な分野だとしているのです。

もしあなたが科学、工学、技術、もしくは理数系の分野で活躍していこうと考えているなら、「フォース」は私たちに力を貸してくれるでしょう。【yes, may the force be with you!!】忘れないでください・・・惑星系を破壊するようなデス・スターの威力など、フォースの力には及ばないことを。【拍手!】

行政管理予算局、科学・宇宙分野担当、ポール・ショークロスが回答しました。

もう、デス・スターの致命傷とか、12パーセクのくだりとか、最高ですね!