Caron Wheeler / UK BLAK (1990)

Caron Wheeler / UK BLAK (1990)Caron Wheeler / UK BLAK (1990)

私が大学生に入った頃、通学途中によく聴いてた。イギリス、グランドビートの代表、Soul II Soulのメンバーだったが、1stと2ndが成功しノリにノってきた頃に、突如ソロシンガーとしてデビューしたCaron Wheelerの1st。

ブリティッシュ・ブラックとしてのアイデンティティを、このアルバムタイトル「BLAK」で表現しているとか。サウンドは現代的な中に(といっても1990年だけど)、アフリカのエッセンスを感じる。両親ともにジャマイカンだったというのもあって、レゲエの影響も感じられる。タイトルもそのまま、”JAMAICA”は、もろレゲエ。”Proud”は、アフリカンレゲエ調。

中でもシングルカットされヒットした、UK BlakとLivin’ In the Lightは、いまだにパワーをもらえる曲。