Fujifilm X10からX20へのストーリー

2012年初夏、うちの誰かさんが、
「どうしてもeBayで海外から何か買ってみたいから!」
と香港のセラーからFUJIFILM X10FUJIFILM X10を買ったんですよね。。。正規品だってことだし、そんなにバカみたいに安いわけでもないし、取引履歴も多いセラーさんだし、信用できるかな・・・と。

そしてその数ヶ月後に不具合発見。日本のFujifilmの修理センターに持ち来んで預けてみた。後日、確かに故障してるけど・・・シリアルが正規品でないから修理できない、との連絡。2012年の夏の終わりの出来事。

そして、それから1年。昨年末に、X10がX20FUJIFILM X20にグレードアップされて帰ってきました!

そう、あれから私、インターネットで消費者庁にあたる香港のConsumer Councilを発見。どないかならんかと、思いのたけをできるだけ丁寧な英語表現にて、フォームで送信。きちんと返事はきたものの、結局伝書鳩役割しか果たしてくれず、ちょっとでもツッコむと簡易裁判を案内される。そっちいたらするけど、こっちは日本だ!

とにもかくにも消費者庁を介して、やりとりが始まったのが2012年秋。
とりあえず、ワランティ範囲内だからこっちで無料で修理するよ、と言うセラー。カメラを香港へ送ってみたものの、「壊れてないから返すと。修理代理店からの修理報告書はコレ。」と消費者庁からきたメールとPDF。英語表記でなくとも、中国語は漢字だからわかりますよ、「壊れてる、修理必要」って書いてるじゃないか!笑 消費者庁は嘘つきの業者だからといって、伝書鳩の立場を崩さない!お役所仕事は万国共通なのか?(いえ、私はサラリーマン時代、消費者センターのおばちゃんに裁判長なみに突っ込まれましたが。日本はいい国ですよ。)突っ込んでいくと、やっぱり正規品ではなく「グレーマーケット品」だってことが、消費者庁を介して判明。もちろん、消費者庁は伝書鳩の立場、キープ。

いやもう、笑うしかないでしょ?
でも私たちは折れません。ちゃんと修理せんかい!となんとかclassyに、curse word使わずにイヤミに表現したところ、再びカメラをセラーに送ることに。

「X10のパーツがもう無い(ありえないんですが)ので修理できないから、新しく発売されたX20送るよ。」
・・・・
は?グレードアップなんて興味ないのよ!・・・でも、もういいや。僕、もう疲れたよ・・・てか、消費者庁の担当者、ずっと同じ人。1年以上もご苦労さま。きっと、週末にお酒飲みながら、「ウルサい日本人に悩まされている」なんて愚痴いってたんじゃないだろうか。

そして、到着したX20の説明書が何故かハングル!笑 充電コードついてへん!笑
もちろん、香港消費者庁へ、その旨メールしましたよ。「香港では、消費者庁は何のためにあるんだ?」なんてイヤミも忘れずに。返事は・・・

「あなたは簡易裁判を起こす権利があります。(英)」定型文。

長々と書きましたが、お金で買えない経験をさせていただいて、ありがとうさようなら!ですよ。でも、X20がちゃんと動いたら、頑張ったね、と何かの神様が言ってるということにするわ。ほんと、経験ってすごいよね。お金のためなら平気でウソつく人間って、日本でもいるんだから、しゃーないわな。

海外の通販では、もう電化製品は買わない!笑